専用駐車場
7台有

多汗症|長崎市滑石の皮膚科・美容皮膚科|小林皮ふ科医院

美容皮膚科は

一般皮膚科 DERMATOLOGY

専用駐車場
7台有
美容皮膚科は

多汗症とは

多汗症とは、体温調節の役割(汗をかくことで体温を下げる)を担うエクリン汗腺の機能亢進により必要以上に汗をかくこと。全身の発汗量が増加する全身性多汗症と体の一部のみの発汗量が増加する局所性多汗症がある。手掌、足底、腋窩に温熱や精神的な負荷、またそれらによらずに大量の発汗が起こり、日常生活に支障をきたす状態を原発性局所多汗症と診断する。

※当院では腋下と手掌多汗症以外の多汗症の対応はできません。

多汗症の種類

局所多汗症

局所多汗症には、手掌、足底、頭部、顔面、腋窩の多汗症がある。特に腋窩多汗症の社会的苦痛は他人からの見た目ということに集中し、労働上の不都合を伴うことは少ない。
診断基準には
(1)最初に症状が出るのは25歳以下であること
(2)対称性に発汗がみられること
(3)睡眠中は発汗が止まっていること
(4)1週間に1回以上、多汗のエピソードがあること
(5)家族歴がみられること
(6)それらによって日常生活に支障を来すこと
の6項目である。局所的な発汗が明らかな原因がないまま6か月以上認められ、上記6項目のうち2項目以上があてはまると原発性多汗症と診断される。

多汗症の原因

精神的なストレスや緊張がきっかけとなる。

日常の注意点

最近では原発性多汗症に対して保険診療でも処方できるソフロニウム臭化物の外用剤が発売されている。